福岡と奈良を巡る古代の旅スタンプラリーを開催

福岡県と奈良県では、「神宿る島」宗像・沖ノ島関連遺産群 世界遺産登録1周年を記念して、「海の正倉院」沖ノ島がある福岡県と「正倉院」がある奈良県で古代をテーマにしたスタンプラリーを開催します。 スタンプを集めると豪華景品のプレゼントも!!スマホ片手に、この機会に是非、福岡と奈良の貴重な文化遺産に触れる旅に訪れてみませんか。 <スタンプラリー> □開催期間 7月1日(日)~11月30日(金) □開催場所 福岡、奈良両県の古代に関する遺跡、史跡、神社など30ヶ所程度 □参加方法 チェックポイントに、アプリを開いた状態で訪問すれば自動的にスタンプ取得!スタンプがたまれば、福岡県・奈良県の古代グッズ等をプレゼント! <観光PR・プレミアムマルシェ> □開催日時 7月28日(土)~7月29日(日) □開催場所 JR大阪駅アトリウム広場・中央コンコース □PR内容  福岡、奈良両県知事によるトップセールス、観光動画放映や観光パネルの展示、観光パンフレットを配架する他、「名探偵コナン」とコラボしたミステリーツアーの紹介、ステージや特産品販売、体験コーナーなどを予定。

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録1周年を祈念してシンポジウムが開催されます。 日時  平成30年7月16日(月・祝)     13:30開演(13:00開場・16:00終了予定) 会場  エルガーラホール 8階大ホール プログラム     ◇開会行事     ◇遺産群紹介映像上映     ◇講演      ・「人類共通の宝、世界遺産は今」        河野俊之(国際イコモス会長・九州大学法学研究院主幹教授)      ・「東アジアの海洋文明と海人の世界」        秋道智彌(山梨県富士山世界遺産センター所長・総合地球環境学研研究所名誉教授)     ◇パネルディスカッション      「〝神宿る島˝が語る、人と世界をつなぐ海」        コーディネーター:佐藤信(人間文化研究機構理事)          秋道智彌、河野俊之、溝口孝司(九州大学教授)   

詳細はこちら:http://www.crossroadfukuoka.jp/topics/?mode=detail&id=741