『ふくおかよかとこコールセンター』 利用対象施設拡大のお知らせ!~ サービス内容の拡充―対応言語に“マレー語”を追加 ~

福岡県では、来福する外国人観光客と県内の旅館・ホテルや観光案内所が円滑なコミュニケーションを図ることができるよう、平成29年6月10日に多言語対応の電話通訳サービス「ふくおかよかとこコールセンター」を開設しました。 実際に利用した旅館・ホテルからは“外国語での対応に苦慮していたが、コールセンターを利用することで、スムーズな案内が可能になった“や“施設スタッフだけではカバーできない言語や時間帯における外国人観光客への対応に非常に役立っている”などの声をいただき、外国人観光客との円滑なコミュニケーションに大きな効果を発揮しています。 平成29年11月1日(水)からは、利用対象施設を県内の観光関連施設、小売店、飲食店にも拡大し、対応言語にマレー語を追加し、提供するサービスの内容を拡充しています。 このサービスにより、多言語対応が可能な施設を増やし、言葉の壁を解消することで、外国人観光客の方に安全で安心して快適な県内観光を楽しんでいただき、福岡県への再訪につなげていくことを目的としています。 是非、ご活用いただきますようご案内します。

「ふくおかよかとこコールセンター」概要 1.対応言語 15言語 英語、韓国語、中国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、ネパール語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、マレー語 2.利用時間 全言語24時間、365日 3.利用対象者 県内宿泊施設(旅館・ホテル等)、観光案内所、観光関連施設(観光農園、まちの駅、体験型観光施設、スポーツ・文化施設等)、飲食店、小売店(大規模小売店舗は除く) 4.利用者負担 コールセンターまでの通話料のみ(通訳料は無料) ※詳細はファイルをダウンロードのうえご確認ください。

詳細はこちら:http://www.crossroadfukuoka.jp/topics/?mode=detail&id=693