冬の特別展「世界遺産のまち 北九州と明治日本の産業革命遺産」

「明治150年」と「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録3周年を記念し、「明治日本の産業革命遺産」福岡県世界遺産連絡会議が主催して、北九州市と中間市・大牟田市を巡回する「鉄都・八幡の誕生」(第1部)、「明治日本の産業革命」の中で、北九州が著しい発展を遂げたことを明示する「石炭と鉄がつくった工業都市・北九州」(第2部)、八幡製鐵所と同じく官営工場で、世界文化遺産の「富岡製糸場―もう一つの「明治日本産業革命遺産」/官営工場」(第3部)で構成し、八幡製鐵所の世界遺産としての意義と北九州の近代史を浮き彫りにする。

期間 2018年12月22日 ~ 2019年02月11日
所在地 北九州市八幡東区東田2-4-1 北九州市立いのちのたび博物館 
お問い合わせ Tel:093-681-1011 
Fax:093-661-7503 
北九州市立いのちのたび博物館 
料金 常設展入場券で観覧可(大人500円、高大生300円、小中生200円)
休日 12月29日(土)~1月1日(火・祝)以外会期中無休
駐車場 普通車300台、バス等大型車30台
(有料:普通車30分/100円、大型車30分/250円)
アクセス JR鹿児島本線「スペースワールド駅」から徒歩で約5分
北九州都市高速「東田出入口」より車で約2分
北九州都市高速「枝光出入口」より車で約3分
利用可能時間 9:00~17:00(最終入館は16:30)
エリア名 北九州エリア
ジャンル イベント (祭・イベント)

詳細はこちら:http://www.crossroadfukuoka.jp/event/?mode=detail&id=400000009700