秋の特別展「九州発!棟方志功の旅 彫り起こされた足跡と交流」

棟方志功(1903-75)は 青森県出身で「世界のムナカタ」として国内外で高く評価された20世紀を代表する版画家です。
昭和29年、北九州・小倉において九州初となる個展が開催され、これを契機に棟方は北九州との関わりを深めていきます。
 
本展覧会では九州における棟方の知られざる足跡を、棟方の代表作や九州に残された作品などとともにご紹介します。

期間 2019年10月12日 ~ 2019年12月01日
所在地 北九州市八幡東区東田2-4-1 北九州市立いのちのたび博物館
お問い合わせ Tel:093-681-1011 
Fax:093-661-7503 
北九州市立いのちのたび博物館
料金 大人800円、高大生500円、小中生400円
※常設展とのセット券あり。詳細はHPまで。
休日 会期中無休
駐車場 普通車300台、バス等大型車30台
(有料:普通車30分/100円、大型車30分/250円)
アクセス 【最寄りの交通機関】JR鹿児島本線「スペースワールド駅」から徒歩で約5分
  北九州都市高速「東田出入口」より車で約2分
          北九州都市高速「枝光出入口」より車で約3分
利用可能時間 9:00~17:00(最終入館は16:30)
エリア名 北九州エリア
ジャンル 博物館・美術館・資料館 (歴史・文化)

詳細はこちら:http://www.crossroadfukuoka.jp/event/?mode=detail&id=400000009212